1. 1940年創業

    1940年から継承されている歴史を大切にし、これからも「過去・現在・未来をつないでいく」会社でありたいと考えています。

  2. 湿式クレーと乾式クレー

    1940年に湿式クレーの製造を始め、1960年には乾式クレーの製造を開始(中四国地区で初めてレイモンドミルを設置)しました。当社は国内で唯一「湿式製法」と「乾式製法」の両生産体制を備えた工場です。

  3. 岡山県の産業資源

    当社の製品は地元産の天然鉱物である「ろう石」を砕いた地域産業資源で、ゴムや塗料、接着剤などの「つなぎ材」として必要不可欠なものです。

  4. 品質と信頼の追求

    お客様の要望に真摯に耳を傾け、お客様の求める品質を追求し、お客様に満足していただける高品質の製品を提供します。

「はばたく中小企業・小規模事業者300社」受賞
中小機構マッチングサイト「J-Goodtech」掲載

  1. 生産体制

    水を利用した「湿式製法」と空気を利用した「乾式製法」の二つの工場を有しているので、幅広い粒度の製造が可能です。

  2. 自社製品

    ろう石クレー、カオリン、タルクの精製品(各種 数ミクロンから数十ミクロンまで)
    陶磁器用セリサイト、胡粉(牡蠣殻微粉末)

  3. 研究開発

    岡山県工業技術センターや大学と共同研究を行い、各原料の持つ特性を活かした製品づくりにつなげています。

PAGE TOP